敷金礼金以外の初期費用について

見落としがちな初期費用

賃貸に入居する際に必ずかかるものが初期費用です。家賃や敷金礼金は、物件紹介の隣に大きく書かれているので見落とすことが少ないと思います。しかしその他の初期費用は、物件情報の下に小さく書かれていることが多く見落としがちです。代表的なものを簡単に紹介します。
まずは共益費・管理費です。共有部分を維持するための費用で家賃の他に毎月徴収されます。次に火災保険料です。仲介時に紹介されたものに加入するか、もしくは自分でより安いものを選択し加入できる場合もありますが、加入証明を求められることが多いです。そして仲介手数料と前家賃です。紹介する業者により違いはありますが手数料として家賃の数パーセントと書かれています。前家賃は入居する月の家賃を前もって払うもので一か月もしくは日割り分を入居日に合わせて支払います。

場合によっては必要になる初期費用

そのほかにも場合によっては請求される初期費用もいくつかあります。まずは鍵の交換費用とクリーニング費用です。退去する際に必要になりますが、前もって請求される場合が多いです。また、保証料は保証人がいれば必要ない場合もありますが、家賃保証のために保証会社に支払いを求められる場合があります。そして、家のことばかりに集中していて忘れがちなものが二つあります。引っ越し費用と駐車場代です。引っ越し費用は、時期や距離によってはかなり高額になるので、自分で事前に見積もりを忘れないようにしましょう。駐車場に関しても忘れがちですが必要な場合に、物件に空きがないときはさらに自分で探すことから始めないといけません。
契約時に予想外の初期費用に驚くことがないよう、事前に仲介業者におおまかな金額を聞いてみるのもいいかもしれません。