築年数を確認する

築年数が新しい物件について

賃貸物件を探している際に、色々な情報をチェックする事となりますが、その1つに築年数があります。築年数が新しい物件と古い物件ではそれぞれどのようなことが考えられるのか検証してみましょう。
まず築年数が新しい物件は古い物件と比べるというまでもありませんが外観や内装はとても綺麗です。特に女性は清潔な部屋に住みたいと考えている人が多いでしょうから、築年数が新しい物件というのは大きな魅力があります。
築年数が新しい物件は見た目が綺麗なだけではありません。設備も最新のものを有しています。今や必須となっているインターネット環境は完備されている所が多いですし、場所によっては太陽光発電を搭載しているので光熱費が安といった物件もあります。
一方で家賃を比較すると築年数が古い物件よりも高いことが多いです。

築年数が古い物件について

では築年数が古い物件ではどういったことが考えられるのでしょうか。まず家賃を比較すると全体的に同程度のスペックの新築物件よりも安いということがいえます。物件によっては新築物件の半額以下で借りれるところもあり、価格重視の人にとって築年数が古い物件はとても魅力的です。
設備に関しては新築物件よりも一歩劣るというのが現状です。インターネット設備が整っていない場合も多いですし、女性が気になるセキュリティ面でも不安が残るような物件も見受けられます。
ただし室内の設備に関してはリフォームやリノベーションをしている物件であれば、最新のものを搭載しているケースもあります。
また、物件数に関しては築年数が古いもの方が新しいものよりも圧倒的に多いです。